多重債務にならないためのバランス

一つの金融機関からだけお金を借りていたはずがいつの間にか返済が苦しくなり多重債務になっているという人も多いかもしれません。

それはやはりひとえに貯金がまったくないことが原因です。

何とか早く借金返済をしたいために貯金を後回しにして借金を減らしていると、また新しくお金が必要になったときにどこからかお金を借りるという状況が発生します。

そうなると多重債務の入り口に入ってしまったことになります。

だからといって貯金ばかりを優先して借金返済額が少なすぎると利子だけを返していつまでも返済期間が延びることにもなります。

ここできっちりと貯金と借金返済額の絶妙のバランスポイントを計算する必要があります。

貯金がまったくなければ当面の間は、利子プラスアルファぐらいのぎりぎりでもしかたありません。

必ず利子以上の返済をして元本を減らして、貯金を少しでもできる配分で計画する必要があります。

ある程度貯金できれば急な出費をそれで対応でき、多重債務の危険性を回避できる状態になります。

そうなるとまたバランスを変更して一気に返済分の配分を増やして返済期間を短縮していくと余裕をもって返していけます。